しょこたんeyes-中川翔子

時代の寵児・中川翔子さんについて書いています。主にしょこたんが出演した番組動画の紹介など。
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

筒美京平「それほどやっぱり新しい感じがしましたね、この人に会って」 

2011年5月29日に放送されたBSプレミアム「希代のヒットメーカー 作曲家 筒美京平」からしょこたん出演部分を文字起こし。



ナレーション 少年隊で大ヒットを出しながらも作曲家20周年を迎えたこのころ、筒美はある限界を感じとっていました。ヒットメーカー筒美京平にとって時代のスピードの速さは次第に脅威になっていきます

筒美京平 時代がいつでも、時代が先に行って、時代が作家を選んでいくってことだなあとつくづく思いました。

ナレーション しかし、筒美京平の音楽は時代を共有しなかった現代のアーティスト達にも様々な影響を与えていました

kyohei2.jpg

中川翔子 80年代の憧れがすごくあったので。そうですね、筒美京平様って名前はいろんな所で、好きな曲、好きな曲みんなそうだったので。この曲も!えっ!意外な、今度はこっちの曲も全然違うのに同じ人が作ってる!えっー!って小学校の時びっくりしたのを未だに覚えてますねアイドル歌謡とアニメソングしか聴かないで育ってしまったので、もうほぼ私の青春は筒美先生の曲達で作られてると言っても過言では無くって。
    
♪サザエさん この主題歌も筒美京平作品

サザエさん (1)


中川翔子 普通に生きてるだけで体のどこかに染みついた筒美先生のメロディだったり、エッセンスが巡ってるのが分かりますもんねなんか、フフフ

ナレーション 中川翔子が神様のような存在と語る筒美京平が彼女に提供した作品は「綺麗ア・ラ・モード」

綺麗ア・ラ・モード(DVD付)


中川翔子 コンサートにはそれまで若い女の子が来てくれることが多かったんですけど、その「綺麗ア・ラ・モード」きっかけに大人の男性の方が初めてそれで知ってくださった、歌っていることを知ってくださった方が多くなって。なのでそういう琴線に触れるメロディなんですねえ(うなずく)

筒美京平 やっぱり今の人たちに通じないと困るなあと思って、そこはすごく苦労しましたね。その時代時代に、こう変わっていくんですよね、メロディの感じとかリズムの感じ。それがどういう所かなっていうのを探りながら書いた事は事実ですね。それほどやっぱり新しい感じがしましたね、この人に会って。

kyohei.jpg


VTR 中川翔子マジカルツアー2009 NHKホールで歌う「綺麗ア・ラ・モード」

中川翔子 マジカルツアー 2009~WELCOME TO THE SHOKO☆LAND~ [Blu-ray]


「綺麗ア・ラ・モード」も好きですけど、同じくマジカルツアーで披露された筒美京平さん作曲の「シャーベット色の時間」も最高に可愛くて好きです。
関連記事
[ 2011/06/04 21:51 ] 文字起こし | TB(0) | CM(0)

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

Loading...
ローディング

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
デル株式会社
プロフィール

飯田橋博士

Author:飯田橋博士
大好きな中川翔子ちゃんの情報を集めてます。いっしょにしょこたんを応援しましょう。
メール連絡は下記へお願いします。
kochikame120@yahoo.co.jp

全記事表示リンク
ブログパーツ
あわせて読みたいブログパーツ


アフィリエイト広告
ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。